2019年01月31日

いかんなー

このブログを復活させたのはいいけど更新するパワーが欠けてるわー。

facebook、twitter、instagramで満足しとるわ。

いかんなー、SNSでは物事の核心までは触れられんもんねー。

深く考えるのには時間とパワーがいるけど、ちょっと疲れてるか?

まー、ゆっくりやりますわ。IMG_20190125_230003_065






tubtrack at 23:30|PermalinkComments(0)clip!日記 

2019年01月24日

Your hero5

だーーー!遂に復活の3ヵ月連続配信がYour heroで終わってしまう。


9月にリズムトラック、10月にギターとボーカルをレコーディングしたんだけど、時間をかけていない分、シンプルな構成でストレートな勢いが表現できた3曲だったと思う

 

今回リリースのYour heroは、その中でもシーケンスを入れたりピアノの音色を入れたりして手触り的には一般的にも受け入れられやすい仕上がりかなーと思う(自分比)。へヴィーだけどね。

 

この曲は英詞なんだけど、言いたいことはサビだけでいい!って感じでAメロ、Bメロは聴いてカッコいいって思えるような発音を優先したのですよ。こういう発音で歌いたいっていうのに近い単語を意味なく並べて、あとで似たような発音の単語に差し替えて意味が通じるようにしていった。Midori.IAzumi.Yのお二人、ご協力ありがとう!)

 

文法的に「?」って部分はあるかもだけど、それよりも「音触り」にこだわったのです。

 

でもね、結果的に思いもよらずある意味哲学的な内容になって自分で驚いた


例えば


「それは欲望と悪夢のための車輪に過ぎない」


という1番のAメロ後半とか。欲望と悪夢の車輪って何?ってなる訳だけど、タロットで運命の輪は永続性を意味するんよね。主人公はある番号を手に入れるんだけど、それにより永遠に欲望と悪夢が続くっていう解釈になるのです。

 

そんな感じでパーツを組み合わせてストーリーを作っていく手法に初めて挑戦してみた。

 

でも言いたいことは「僕は今でも君のヒーローだと思いたい」「今でも君のヒーローなんだ」ってこと。そうです、tubTRaCKは今でも12年前に応援してくれてたtubTRaCKerたちのヒーローでいたいんです。その強い意思表示の曲なのでございます。

 

歌に関しては以下の内容をポイントにしてトライした。

・全体を通して大きなメタルビブラートでの表現はしない

Aメロは自然な発声で少しだけ息を漏らしながら

Bメロはゆったりとテンションをあげていき、ロングトーンは矢のようにまっすぐに

・サビは限界ギリギリの音域のため、そこに必死に喰らいつき、パワー全開

2Bは若干ブルージーな雰囲気を醸し出す

・展開部では囁きとローボイスで場面転換を明確に表現(ASMR的な)

最後のサビの壁コーラスがリフに戻るタイミングでは下がる際のレガートを意味ありげな感じで滑らかに

 

録る前に明確にしていた訳じゃなくて、結果をまとめたと言った方が正しいかな。前もって細かいところまで決めてしまうと小さくまとまってしまうからね〜。ぼんやりとした全体像だけで十分、っていうか、前もって細かく言われるとテンションが下がる。

 

「歌う本人に任せんか〜い!」笑

 

あ、ボーカルのディレクションのことじゃなく、前もって「細かく」言われるとという意味ね。

 

嬉しいことに、これまで多くのレコーディングをしてきたけど、ほとんど任せられてた(ディレクション含めて)。それは信頼されているということで自信につながってきたんだけど、唯一1回だけそうじゃない時があって。


○○みたいな歌い方でとか、あの人のあの曲のあの部分を真似してとか・・・。

 

おいおい(怒)笑 

 

イラッとして「ちょっと休憩だ!」と言ってスタジオを出たこともあったな〜(若かった笑)


いやね、自分がリスペクトしたり興味のあるボーカリストだったらトライしてみようと思いますわよ、それは。でもリスペクト出来ない人の歌い方はできないっしょ!作品になるんだもん、ね〜?(同意を求める)

 

おっと、話が逸れてしまった笑

 

という訳で、今回の3曲はボーカリスト緒方豊和の集大成。12年前にリリースしたTUBTRACKで集大成のはずだったけど、さらに集大成。12年も経ってるんだから集大成と言っても問題ないはず。はず。はず。。。

 

あ、言い方変えよう。

 

ボーカリスト緒方豊和の新たな集大成。

 

これでよい?笑

 

 

Your hero」本日24時より配信開始です♪


https://linkco.re/4dBeuSQU





tubtrack at 19:13|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2019年01月23日

レモンから二酸化炭素を作る

先日自分のプロフィールが必要になって色々と思い出しながら書いてたんだけど、あったあった。記憶の隅に追いやられてたやつが。


中学生の頃って理科の自由研究ってあるでしょ?もうね、面倒くさくて仕方なかったから、8月の終わりまで引っ張ってたわー。2年生のとき。


でも、もういよいよヤバイってことでマップ、たけちゃんという同級生と3人で集まって何やるかって考えてた訳。


とにかくサクッと終わらせたかったから「いつも食べよるもんばリトマス試験紙につけて酸性かアルカリ性か調べるばい!あとベネジクト溶液で糖分ば調べてみっぞ。」


という訳で色んな食べ物を使って結果を書いていってたんだけど、確かベネジクト溶液にレモンを入れたときかな、なんとなんと!気体が発生!


この結果に坊主頭の3人は「ばっ!」って叫んだ。

「火事になっばい!」

「捨てにゃん捨てにゃん!」

と、言いつつもその光景を興味深く見てた。


そこで好奇心君が顔を覗かせる。で、更に色んなものでやってみた。よく覚えてないけど、確か梅干が反応が良かったんじゃないかな。


うーん、何故だー。と考えてるとき「酸っぱい」がキーワードということに気付くのです。


それを理科の先生に相談すると酸っぱい化学物質は何?とヒントをくれて。調べたら答えがあった!


そう!ザ・クエン酸なのでした!


で、クエン酸でやってみたら、なばんごつ気体が出てきて。その時の感動はずっと探してた財布が見つかったような感じ。
(なばんごつ=物凄く)


その後何故その現象が起きたのか化学式で解いて、二酸化炭素が発生していることがわかった。一連のその流れを自由研究として出したのでした。


タイトルは「レモンから二酸化炭素を作る」

これは我ながら想像力を駆り立てるいいタイトルだったなーと思う。

それを模造紙にまとめて提出したんだけど、テンションが上がってるから苦にならなかった。早くみんなに教えたくて。

そしたらなんと、コンクールであれよあれよと県まで行って銀賞か佳作(忘れた)をもらったのです。朝日新聞だったかなー、熊本の支局に行って表彰されたんよねー。


ある意味棚ぼた的な話にいい気になって、翌年は「ホッカイロのひみつ」と題して何故ホッカイロが熱くなるのかを解明。これも県で銀賞か佳作をもらった(金賞ではなかった気がする)んだけど、狙ってたから納得の結果であって、喜びは少なかったなー。


でね、何が言いたいかというと、「どこにチャンスが転がってるかわからない」ってこと。


最初はテキトーに終わらせようとしてた自由研究が、思いもよらぬ形で面白そうな内容に変わっていったからねー。


計画通りに進めて予想通りの結果を導き出すのはロジカルで素晴らしいけど、驚きは少ない。予想してる結果だから、ある意味予知能力。


何かよくわからんけどトライ&エラーを何回も繰り返すうちに新たな道が見えてきて、想像もしない結末にたどり着く。


どちらが正しいかなんてわからないけど、オレは後者の方に魅力を感じるし、スケールの大きな答えに出会えるような気がする。


計画を立てるということは結果から逆算するわけで、想像を越えられない気がするからねー。

と、まーどうでもいいようなことを考えたのでしたー。


tubtrack at 01:28|PermalinkComments(0)clip!日記 

2019年01月20日

短編小説

20年数年前に初めて書いた小説。以前もこのブログに載せたけど、時を経た今、改めて掲載。




ある夏の日

7月に入り、僕の生活が急に慌ただしくなってきた。

夏が近づくと、その開放感を心おきなく楽しむために、それまで心にひっかかっていたものを整理しなくてはならない。仕事、恋愛、夢、生活・・・。数えればきりがないのだが。

この時期、ただでさえ湿気の多い季節に、僕は仕事帰りに大きな国道の上に架かる歩道橋の上で、車が巻き上げる不快感も気にせずに立ち止まる。血管を流れる赤血球のような車の流れをただ視界に入れながら、心のピントをどこかに合わせるわけでもなく、数分間その空間に身をゆだねる。頭上には高速道路が走っており、騒音といえば相当なものだ。ただ、その数分間は何も気にならない。むしろその喧噪が快感だったりもする。

そんな日々を繰り返していると、毎年必ずその日がやってくる。そう、ジメジメした風が肌を優しくすり抜けるような風に変わると、
僕は決まってあの夏の日のことを思い出す・・・。

ジリリリン!朝から電話がけたたましく鳴り響く。

「先月分から家賃が滞納になっているのですが・・・。」

音楽で食べていくという夢のために大学を中退して勘当同然で家を飛び出した僕は、腰ぐらいまで伸びた髪のために仕事がない状況だった。やっとありつけた仕事も、音楽活動のために休みがちで、結局クビになるとうことの繰り返しだった。

「今週中には必ずなんとかしますから」

返事はいつも決まっていた。こうなると気が進まないのだが、僕は職安の前に立ち、日雇いの仕事をして日銭を稼ぐのが常だった。ボロボロのワゴン車が何台も来て、条件を説明しては何人かの男を乗せて去っていく。ワゴン車には座席ではなく、荷台に乗せられる。

その日、僕は40〜60代の男5、6人と一緒に車に乗り込んだ。シートがないため、尻の痛さを我慢しながら現場まで行くのだが、ワゴン車の中は社会に対する不平不満の話題ばかりで、僕は聞こえないふりをしながら外の景色を眺めていた。

その中の一人が僕に話しかけてきた。

「お兄ちゃんは何歳だ?」

5日は風呂に入っていないようなその男のボサボサの髪は半分が白髪で、作業着は泥やペンキの汚れが生々しかった。身体からは酒と汗の混ざった匂いがして、とても長く話す気にはなれなかった。

「24歳です」

ぶっきらぼうに答えると、彼はこう言った。

「先週母親が死んでね。やっぱり悲しいもんだな。」

話す気はなかったが、何も言えなかった。いや、むしろ関係のない僕に、感情に訴えるようなことは言わないでくれ、迷惑だと思った。

彼は続けてこれを見てくれと一枚の写真をニヤつきながら見せた。それは女性の性器が露わになった写真だった。僕は車を降りたくなった。

2時間ほど経っただろうか、尻の痛さが限界に近づいた頃、目的地に着いた。現場は海に面した建設中のリゾートホテルだった。建物自体は完成しており、建設に伴って出たゴミや窓の汚れを清掃するという作業だ。

僕は支給された軍手をして、木材やらスチロールを集めて回った。この日は特別暑い日で、汗が滝のように流れ落ちてくる。

60代ぐらいの男が暑さのせいで具合が悪くなり日陰で寝かされていた。雇った業者から罵声を浴びせられた上に彼には日当は支払われない。朝早くから職安に立ち、ここまで来たのが無駄骨に終わるのだ。

暑さで頭がクラクラしてきたが、家賃を払わなければならない。しかも今日だけでは足りるわけもない。次々と休憩もなしに押しつけられる作業を奴隷のようにこなすしかなかった。

ホテルのエントランスではスーツに身を固めた関係者が談笑している。正気ならそんなことはないのかもしれないが、その時ばかりは見下されているような錯覚に陥った。僕は無性に悔しくなり、その光景をにらみつけていた。

体中の汗のほとんどが出てしまった頃、ようやく休憩時間になった。途中で買った白飯と唐揚げを食べようとしたが、ほとんどノドを通らず、大量の水を飲むだけだった。

砂浜で海を眺めようとしたが座ることが出来ず、僕は横になった。雲ひとつない青空が視界の全てを覆っていた。何故だか急に悲しくなり、僕は流れ落ちる涙を止めることが出来なかった。


午後、また奴隷のような時間が始まった。窓を磨いていると、車の中で話しかけてきた男が近づいてくる。

「今夜泊めてくれないか?」

僕が無視していると、

「福岡に儲け話があるんだけど、一緒にやらないか?」

そう話を続けた。

「儲け話?」

男は浅黒いシワだらけの顔に、さらに深いシワを浮かべてヒヒヒと笑った。気にはなったのだが、どうしようもない不快感を覚えた。

「いや、いい」

低い声で断った。

男は残念そうな素振りも見せずにその場から去っていった。

西の空が徐々に赤く染まりつつある午後6時、今日の作業が終わった。うなだれて、今にも顔から倒れそうになりながら全員車の近くに集まってきた。ご苦労様の声もなく、淡々と日当が配られる。深々とお礼をする者、はぎ取るようにもらう者、それぞれだ。
僕はひとこと「どうも」と低い声で言った。

厳しい労働の見返りは6000円。安いのか高いのかは今は関係ない。久しぶりに握るお札が僕にひとときの幸せを与えた。

帰りの車の中では誰も口を開かず、あの男もひたすら眠っているだけだった。車の中は、洗っても落ちないであろう薬品の匂いと、旬を過ぎた男たちの汗の匂いが混ざっている。吐きたくなるほどの異様な匂いだったが、僕はいつの間にか深い眠りに落ちていた。

目が覚めて少ししてから、職安の前に着いた。僕はゆっくりと車を降りた。大きく背伸びをする。体中が痛い。だが、ひとまずこの未来への光のない時間から解放される。

足を家の方向に一歩進めたとき、ふと、あの男が言った儲け話がなんだったのか知りたくなった。あんな奇妙な男の話に興味を持ってしまう自分が情けなかったが、もう会うことはないと思い、訊いてみることにした。

追いかけて声をかけようとした時、男は何かを落とした。それは母親らしき女性の写真。僕はその写真を渡そうと思い男を呼び止めた。力なく振り返った時、男は泣いていた。一瞬動揺して、何も訊くことは出来なかった。男は無言で写真を受け取ると夜の闇に消えていった。


その夜、僕は2年ぶりに母親に電話した。






tubtrack at 23:11|PermalinkComments(0)clip!

Your hero アートワークの話

IMG_20190120_124642_892
1/25(金)配信リリースのYour hero。

最初の2曲がオレの写真だったから、この曲は何か別の方向性のジャケットにしたかったのですよ。


漠然とイラストでヒーローを描くというイメージはあったんだけど、普通に上手い知り合いに頼んでも自分の想像の枠を出ない気がしてて。小綺麗よりも感じるジャケットにしたかったんよね。


そんな時、高校の同級生のFBに東京で漫画家をやっている彼の兄の話が出ていて。前から聞いてはいたけど、タイミング的にこれは!ということで連絡を取って曲を聴いてもらうことに。


で、目の醒めるような時間を過ごせてると評価していただき、描いていただけることになったのでした


その方の名前はヒロモト森一さん。


ジョージルーカス公認でスターウォーズをコミカライズしたり、北斗の拳のジャギ外伝やネオ・デビルマンなど数々の作品を手掛けている方。


その作風はオレのイメージの外側にあり、強烈なインパクトがあった。是非お願いしたいと思ってたから決まったときはとても嬉しくてワクワクしたなー。


呑みながら打合せしたときは、高校の先輩ということもあり地元話で盛り上がった。


そのときに原案を持ってきていただいたんだけど、最初に見たときに「うわっ!これだ!」と思った。自分の想像を越えるっていうのはこういうことなんだなと。



背中の目は話しながら付け足したものだけど、背中を向けていることを含めて大きな意味があるのです。でも伝えてしまうとせっかくのアートワークの可能性が狭まるのでまたの機会に。是非曲を聴きながら想像してみてくださいー。


ちなみにこの男子はオレをイメージして描いたということなんだけど、守るべきものがある、すべての人が主人公の曲であり、このアートワークのモデルだと思ってます。


こうして素晴らしい出会いでYour heroが魅力的なパッケージになったのでした


ヒロモト森一公式


tubtrack at 19:27|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2019年01月19日

いだてんとドラゴンゲートとtubTRaCK

今、オレの中で重要な3つがこれ。

いだてん

ドラゴンゲート

tubTRaCK


SNSではしつこいぐらいに記事にしてるこの3つのキーワード。


大河ドラマ、いだてんは高校の大先輩金栗四三さんの物語。昨年、在京同窓会の実行委員長をやったことで、思い入れが倍増。

ドラゴンゲートはシュン・スカイウォーカー選手のテーマ曲の作詞と歌を担当。先日、シュン選手は若手トーナメントで優勝して今後の活躍に期待‼️

tubTRaCKは12年ぶりの新曲リリース。1曲目、2曲目は共にamazonのダウンロード人気ランキングでベスト3に入る健闘ぶり。0125にはいよいよ最後の3曲目がリリース。


これからこれに3つが追加される。


横浜DeNAベイスターズ

将棋

草野球


ベイスターズは縁あって一緒にビジネスさせていただいて3年目。球団の向かう先に広がる夢、そしてファンに見せてくれる夢に感動。戦力的に今年こそ優勝を狙えると思う。クリーンナップは12球団トップの破壊力。サウスポー王国が築ければ間違いない。


将棋は子どもたちの真剣勝負をサポート。負けて泣いてしまうその涙にもらい泣きも。大会終了後に奨励会(プロ棋士の一歩手前)に合格する参加者もいて、レベルは高い。いつか藤井七段のようなプロ棋士が出ることを期待!!


草野球は始めてもう10年ぐらいになるかな。毎年足の親指の爪が剥がれて治った頃にまた剥がれるの繰り返し笑 昨年は守備のレベルが落ちてしまった。今年はリベンジ。バッティングはまだ大丈夫かな。しばらくスタンドに放り込んでないから今年はやるぞ。


秋にはもうひとつ。


100m走


昨年は野球で靭帯をやってしまって無念の欠場。その後の回復が微妙で夢の12秒台はもう無理だと思う。たがしかし!13秒台はキープしたい。


という訳で、2019年のキーワードは6つ。


いだてん
ドラゴンゲート
tubTRaCK
横浜DeNAベイスターズ
将棋
草野球
100m走


これから何が追加されるかも楽しみだ。


希望は。。。


UFO


マジで。


でも、不動のキーワードは。


家族

健康


無病息災。心から願う‼️‼️


tubtrack at 16:28|PermalinkComments(0)clip!

2019年01月09日

深海メアリー歌唱解説 & Your heroテーマ解説

うかうかしてたらもう1/9になってしまった。

SNSでは既に言ってますが、今更ながらに明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(__)m

いやー、ブログ復活と言いながら、かなり前回から間が空いてしまった。。。(・・;)


その間に深海メアリーが配信開始になったねー。タブトラッカーのみんなは当然聴いてくれてると思うけど、ちょっと歌の解説でもしてみようかな。


まずこの曲の最初の聞き所はイントロのグルーヴ。かなーり気持ちいい。ミディアムテンポだけどたたみかける感じが気に入ってる。


で、歌。


ねちっこいねー笑
結構後ろでリズム取ってるねー。


これまでは次の音までビシッと移動してたから、スタッカート気味でザ滑舌みたいな感じが多かったけど、これはレガートでねちっこい。


おまけに声もロー成分が増えたみたいで、太くなってるからある意味ムード歌謡的な色気?が出てきた気がするなー。


いやね、昔は色気より元気、気合いみたいな感じだったから。


昔のオレの歌を知ってる数人から奇しくも同じ表現をされたんよね。


「歌に深みが増してる」


コーヒーみたいやね笑


この曲にトライしたのが大きいかもねー。
HERE I GO AGAIN / WHITE SNAKE


ビブラートをかけながらハミング的な発声に持っていくっていうのかな、そういう歌い方や下りのレガートを意識したことはなかったからねー。


んで、Bメロで少し歯切れをよくするんだけど、ほんの少しだけ節回し的な色を出してる。フェイクまでは行かない感じ。わかるかなー?もしかして自己満か!笑


そしてサビはスタッカートで小気味良く。特に英語部分。


2コーラス目からは若干ねばっこさを減らして前へ前へ。


一番気に入ってるのは間奏につなぐ、高めのロングトーン。ここの歌の処理は「深海に落ちていく」イメージをエンジニアの松金さんがバッチリやってくれて。大好きなとこ。


そして間奏後はもう、抑え気味だった感情を爆発させてる。高い音なんだけどなんだかそんなに高く聞こえない仕上がりになってるのには大満足。以前のオレだったら結構細く突き抜ける感じになってたと思うけどね。そもそも無理なく歌えただろうか。。。


Bメロからエンディングに向かってどんどん高まっていって、サビ後半の日本語のところは無意識に強力なビブラートで表現してる(よく覚えてないから割と客観的笑)。どう歌ったかよく覚えてないからかな、燃えてくるねー、自分で聴いても。ひそかに最高音はC#までいってるけどそう聴こえないと思う。太くなったなと思うよ、しみじみ。あ、身体は細くなりたいけど笑


Gramdma-skyが普段早口で話してる感じっていうのを意識して歌ったから対照的かもね。深海の方が大人というかなんというか笑


さー、次のYour heroはどんな方向性の歌でしょうかねー?


歌詞の内容をちょっと書くと「時がたって忘れ去られたとしても、オレは今でも君のヒーローだと思いたい」ってサビ。


まさに12年を経たからこそ生まれた内容。ボーカリストとしてのオレに期待してくれてる人はもちろん、過去にオレの歌に何かを感じてくれた人にとってもヒーローでいたい、ヒーローであり続けたいって思いを込めた。聴いてくれるかどうかなんてわかんないけど、そこは自己満でいいと思う。ヒーローであり続けるにはいい歌を歌わなきゃ!それが今回のパワーだったなー。


この思いは恋愛でも家族でも仲間にも共通するっなって思う。大切な人にとってヒーローであり続けるためには、かなりのパワーが必要だからね!


そんな、全国のヒーローたちに送りたい曲がYour hero。

会社の上司もヒーロー、彼氏もヒーロー。お父さんなんて最高のヒーローだね‼️


あなたは私のヒーローじゃなくて、私はあなたのヒーローという視点だから、ヒーローである全員が主人公の歌詞なんだよね。

1/25にはその思いを受け止めながら聴いて欲しいっす‼️


CMでちょこっとだけ聴けるよ!


よろしくぅー‼️😁









tubtrack at 23:49|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月03日

FLY OVER THE SKY

ドラゴンゲート所属のプロレスラー、シュン・スカイウォーカー選手。


とにかく鍛え上げられた肉体が凄い。身長もあるのに華麗な動きで観客を魅了するんよ。ファンからはドラゴンゲートを背負って立つ選手と言われてるみたい。


今回そんな勢いのあるシュン選手のテーマソングで作詞と歌を手掛けさせてもらったんだけど、はっきりと誰かのことを歌詞にしたのは初めてなんよね。誰かに向けてというのはあるけど(ほぼ文句を言ってる内容笑)。


だから新鮮で、歌詞を書いてて楽しかった。


「あー、こういう歌詞の書き方もあるんだなー」ってすごく勉強になった。


これまでは自分の内面を見つめて書くことが多かったから、数曲同時に書き上げなきゃいけない時なんか、かなりテンパってた😱この言葉はあの曲で使ってた、とか、この比喩も使ってたとか笑。アルバムTUBTRACKは収録曲が多かったから大変だったなー。。。


次の一文が全く出てこないなんてザラだった。が!なんだろうね、パッと目の前の世界が開く瞬間があって、そこからはダーっと言葉と映像が次々に浮かんでくるんよ。そうなると、今度はどの言葉を削ろうかってなる訳。


どっちにしても悩ましい笑。


でもね、シュン選手のテーマソング「FLY OVER THE SKY」に関してはほとんど悩むことがなくて。1時間かからずに書き上げた。


誰かの生き様を思って歌詞にすることがこんなにもスムーズだとは思わなかったよ。誰かに向けて自分の気持ちを書くのと違って数倍言葉が出てくるし、イメージがはっきりする。


だから歌に関しても方向性がハッキリしてて、どう歌おうかって悩む部分はほとんどなかったかな。


まー、ドラゴンゲートレコードのCEOであり、今回作曲した中澤さんのディレクションがわかりやすかった、いや、わかりやすすぎたっていうのもあるけど笑。


12/4後楽園ホールではラフミックスバージョンが流れるとのこと。この日はニコ生で試合が見られるみたい(有料)。視聴環境がある人、是非‼️


Grandma-sky / tubTRaCK


tubtrack at 02:41|PermalinkComments(0)clip!音楽 

2018年11月30日

バンド遍歴 その壱 黎明期(高校時代)

自分の備忘録的な意味合いで、数回に渡って不定期でオレのバンド遍歴を残していこうと思う。既に忘れてることも多々あるけど。。。笑



まずはバンド活動の始まり。


高校生1年の頃、初めてバンドなるものを組んだ。その時はドラマー(大学1年まではドラマーだった)。


バンド名はなかったけど、オレは「ちくらバンド」と呼んでいた。千蔵という同級生が中心となって組まれたバンドだから(単純)。練習も彼の家が経営している鉄工所の休憩室的なところでやっていた。今思えばメチャクチャ恵まれてるわなー。


もちろんコピーバンドで、コピーしたのは。。。記憶が曖昧だけど

Birthday/Beatles
一億の夜を越えて/オフコース
ホテルカリフォルニア/イーグルス
いとしのエリー/サザンオールスターズ

だった気がする。
明らかに選曲がおかしいでしょ?メタルの要素は皆無。これはまだ1年生でメタルをやってる奴を知らなかったのもある。


文化祭に向けて練習してたんだけど、1年生は出さないとかなんとか3年の先輩から言われてブーブー言ってた記憶がある。で、結局前日になってやっぱやってくれって言われたんだけど、誰が出るかっ!って感じで拒否。そのままちくらバンドは消滅。これがオレの最初のバンド。


その頃かなー、他の高校の二つ上の年のバンドがアースシェイカーをやってるライブ音源をもらって。結構衝撃だった。演奏もさることながら、ボーカルが上手かったんよね。荒尾の人だったんかなー。マーシーさんは大牟田だから隣なんよね。だから勝手にあの地域の人は歌が上手いんだって思ってた。なんだか悔しかったなー。


しばらくしてメタルギターの上手い奴がいるというウワサを聞き付けて、それはプレイを聞かにゃんばい!と、すかさずアプローチ。何を弾いてみせてくれたかは忘れたけど、とにかくその時はビックリした。えーーーー?そのままやん!って感じで。レインボーのキルザキングか、パープルのハイウェイスターだった気がするなー。そのメタルギタリストは同級生の山名という奴。今は商工会議所勤務!


彼とオレは固定だったけど、ベースとボーカルは流動的で曲によって変わってた。最初のライブにボーカルはいなかったし。その時にレインボーのスポットライトキッドをやったんだけど、ペダルひとつでツーバスプレイをやったんよね。これが結構評判がよくて、結構後になってもその時のプレイについて言われたりした。


で、ボーカルがいたとしてもやっぱメタルだとどうしてもボーカルがきつくて、みんなオクターブ下で歌ってた。


商店街のまつりとか、校内でのライブ企画とかでやってた。今もそのための練習テープを持ってるけど、バリ下手笑


まーね、しゃーないでしょ。


でも3年生の文化祭でのライブはなかなかのものだったと思う。リズムはメチャクチャ走ってるけどねー。バンド名は「このおっちゃん知ってるバンド」。ナメた名前だわ笑


そのライブを最後に解散するんだけど、オレはそこから元々やりたかったギターを本格的にやり始めて、曲も作り始めたんだよね。


まー、高校時代のバンドで活動は基本的に音を出せることで満足してた気がする。



でもプロのギタリストになりたいっ!って夢は持ってた。ドラムやってのに笑


そんなこんなで高校時代はドラマー(上手くないからそう呼ぶのには抵抗があるけど)として活動して卒業したのでした。

Grandma-sky / tubTRaCK


tubtrack at 04:03|PermalinkComments(2)clip!音楽 

インクレディブルファミリー

ヤバい、メチャクチャ笑った。

ジャックジャックのかわいさといったらもう。コウノトリ大作戦の赤ちゃんと双璧を成す可愛さだわ。


炎を消化する泡が出たときとか、分身するときとか、もうたまらん。


赤ちゃんかわいいーなー。


そういえば応援してくれてるFBフレンドのベイビーがうちらのGrandma-skyを聴いて手足をバタバタさせてノッてるんだって!グズッてるときは聴いたら機嫌が直るらしいよ。タブレットに表示されたジャケットの横でスヤスヤ眠る赤ちゃんの画像をアップしてくれてたんだけど、メチャクチャかわいかったなー。


いやはや、Grandma-skyにはタケモトピアノのCMばりの効果があるかもね笑


小さいお子さまをお持ちのママさん、お試しあれ‼️効果があったらご報告をお願いします笑。

Grandma-sky / tubTRaCK


tubtrack at 01:26|PermalinkComments(0)clip!日記